漆器の製造工程

1.下地付け

 ミズメザクラ、ケヤキの木地に、砥の粉(京都・山科で採れた岩石を加工し粉末にしたもの)と顔料を混ぜた下地をヘラや刷毛で塗り乾燥させます。

2.下地研ぎ

下地付けし乾燥させた生地の木目や凹凸を消し表面を滑らかにします。下地工程は塗りの良し悪しを左右する重要な工程です。下地付けと下地とぎの工程を5~7回繰り返すことで、強い下地に仕上げます。

3.中塗り、研ぎ

下地付けが終わった品物は、中塗り工程に移りスプレーガンを使い塗料を吹き付けて乾燥させ研ぐ工程を2回繰り返します。さらに硬く厚みをつけ表面を滑らかにしていきます。

4.上塗り

精製し純度を高めた漆を塗り、漆を乾燥させるための最適な温度と湿度を保てる漆室(うるしむろ)の中に入れて乾燥させます。上塗りは塗装の最終工程のため、チリやホコリが付かないように細心の注意を払います。

5.堆錦餅(ついきんもち)

「堆錦餅」は、漆と顔料を撹拌機で練り合わせ、さらに木槌で叩くことによって成分をなじませ薄く延ばしたものです。

6.堆錦(ついきん)

宮崎漆器の特徴一つでもある堆錦は、デザイン画を元に薄く延ばした堆錦餅を切り取って漆器の表面に貼り付け加飾していきます。この堆錦は、琉球漆器の特徴であり、宮崎漆器はその加飾技法の流れを汲んでいます。

製品完成

加飾工程が終わった漆器は再度乾燥させ、ようやく商品に仕上がります。宮崎漆器では日常使いできる品物から贈答用品まで幅広い漆器製品を取り扱っております。

職人の手仕事により一点一点丁寧に、昔ながらの伝統を継承しながら製造しております。ぜひ普段の食卓に、漆器を取り入れ触れることで、漆の温もりを感じてください。